CAMUI ロケットを応援してくださる皆様へ


 7/30(日)に実施を予定していた打上げ試験ですが、7/22(土) の実験で起動時に再度異常燃焼が発生し、解決の見通しがつかないことから中止することと致しました。3/18 の燃焼実験成功から 3 回連続して定常燃焼に成功し、自信を深めた上での打ち上げ計画再開でしたが、その後、今回を含めて 5 回連続の異常燃焼発生となりました。異常燃焼の原因は元より、当初の燃焼実験で3 回続けて成功した理由すら判然としなくなったという状況です。

 ぎりぎりまで判断を延ばした結果、直前の中止となり、各位には ご迷惑をおかけすることとなってしまいました。心よりお詫び申し上げます。

 今後は 1/2 スケールの小型モータによる実験に立ち返り、起動時の信頼性を確保するための起動シーケンスの開発を行う予定です。起動さえできれば安定燃焼をしてくれるモータであることは判っています。また、同スケールの水冷式モータでは高い信頼性を示していますので、特徴的な燃焼方法に起因する問題ではないことも判っています。学生達は本日も赤平市の植松電機に残って既に小型モータでの燃焼実験を始めています。打上げ計画の再開がいつになるのかは判りませんが、諦めたわけではございませんので、今後も引き続きご声援頂けますようお願い申し上げます。


平成 18 年 7 月 24 日

永田 晴紀(Harunori NAGATA)
HASTIC 理事、CAMUI ロケット WG プロジェクトリーダー
北海道大学大学院工学研究科機械宇宙工学専攻