HASTIC 北海道宇宙科学技術創成センター

English version is here      ★last update 2013.8.1  
HASTICについて
HASTIC NEWS
HASTICセミナー
HASTIC入会案内
LINK
CAMUIロケット
超小型衛星
宇宙環境利用
宇宙医学
小型無人超音速機
 お問い合わせ  お問い合わせ
200,000 +
HASTIC TOP NEWS
バックナンバー
HASTIC TOP NEWS  (2013.8.1)
CAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケットおよびSNS社開発小型液体ロケット
超音速飛行実験(再々実施)のお知らせ
 NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)は、3/2に天候不良により、3/29に点火系の不具合により、続けて実施が見送られたCAMUI-500PロケットおよびSNS社製液体ロケット「すずかぜ」の打上げ・海上回収実験を、8/10(土)、北海道大樹町において実施します。2012年7月に実施した超音速飛行実験と同規模の実験を再度実施し、前回確認された不具合への対応を確認すると共に技術を熟成させることを目的としています。予想到達高度は4〜10 kmです。

▼詳報につきましてはこちら(PDFファイル)をご参照ください。


「缶サット甲子園北海道地方大会」
琴似工業高校が3年連続で全国大会進出
 (2013.7.8)

 平成25年7月6日(土)、北海道赤平市の(株)植松電機において、「缶サット甲子園北海道大会」(主催:実践的工学技術普及委員会/HASTIC宇宙工学研究所、後援:北海道・北海道教育委員会・北海道新聞社)が予定通り開催されました。午前中は打上げ前プレゼンおよび好天に恵まれた中での打上げ実験、午後は打上げ後プレゼンテーション審査でした。打上げの冒頭、点火系の不具合により一機目が打ち上がらず、不具合対応により遅れが生じましたが、参加した3校(立命館慶祥、札幌啓成、琴似工業)とも上空でのキャリア放出に成功しました。一方、3校全てがフライトデータの取得に失敗するという予想外の結果になり、データ取得失敗のレベルで優劣を決する争いとなりました。審査の結果、データファイルの保存には失敗したものの無線によるフライトデータの伝送に成功している琴似工業高校が、3年続けての全国大会進出を決め、日本航空学園賞が授与されました。
 全国大会は、「理数が楽しくなる教育」実行委員会の主催により、「缶サット甲子園2013」として、8/2-4の日程で、北海道大会と同じく植松電機(赤平市)で開催されます。全国大会に優勝すると世界大会(米国ネバダ州)に参加できます。
 参加頂いた3校の皆様皆様、およびご協力頂いた関係各位に厚く御礼申し上げます。全国大会における琴似工業高校チームには、地元代表としてのご健闘とネバダ進出を祈念致します。

▼詳報につきましてはこちら(PDFファイル)をご参照ください。
全国大会の一般見学を歓迎します。詳報につきましてはこちらをご参照ください。


 NPO法人 北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)
 〒001-0010 札幌市北区北10条西4丁目 赤いマンション北大前 301号室
 TEL / 011-398-5505   FAX / 011-398-5506   E-mail: office@hastic.jp
 Copyright (C) 2003-2007 Hokkaido Aerospace Science and Technology Incubation Center.