HASTIC 北海道宇宙科学技術創成センター

English version is here      ★last update 2013.4.1  
HASTICについて
HASTIC NEWS
HASTICセミナー
HASTIC入会案内
LINK
CAMUIロケット
超小型衛星
宇宙環境利用
宇宙医学
小型無人超音速機
 お問い合わせ  お問い合わせ
100,000 +
HASTIC TOP NEWS
バックナンバー
HASTIC TOP NEWS  (2013.4.1)
SNSロケット「ひなまつり」事故とその対応(速報)
 2013年3月29日(金)7:36、北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)は、北海道大樹町においてSNSロケット「ひなまつり」の打上げ/回収実験を試みましたが、打上コマンドを送っても機体は離床せず、機体はその後、発射台上で焼損しました。実験実施に対応して整備した「SNSロケット海上打上げの事故想定と安全対策」で想定している不具合の中で、今回の事象に対しては「退避し鎮火後に修復可否を判断」という対応が定められています。これに従い、消火活動を行わず、退避を継続しました。
 鎮火迄に発生した事象は、爆発的燃焼を含め、ほぼ想定通りであり、打上げ操作時の安全距離は発射台上での燃料/酸化剤の漏洩や燃焼室等の破裂を想定して定められているため、危険は生じませんでした。不具合の原因究明に時間を要すると判断し、その後に予定されていたCAMUI型ハイブリッドロケットの打上げ実験を見送ることとしました。今回の不具合は発生し得る事故として事前に想定された範囲内にあり、対応も適切に行われたと考えています。今後は、今回のような事象に対して、安全を確保しながら機体の焼損を防止できる機構を導入する予定です。

報告書の第一報はこちら(PDFファイル)をご参照ください。


CAMUI/SNSロケット
超音速飛行実験(本年度2回目)のお知らせ
 (2013.3.25)

 NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)は、3/2に天候不良により実施が見送られたCAMUI-500PロケットおよびSNS社製液体ロケットの打上げ・海上回収実験を、3/29(金)、北海道大樹町において実施します。2012年7月に実施した超音速飛行実験と同規模の実験を再度実施し、前回確認された不具合への対応を確認すると共に技術を熟成させることを目的としています。予想到達高度は7〜10 kmです。
 取材には事前申込が必要です。3月27日(水)午前10時までにHASTIC事務局(office@hastic.jp)宛てメールでご連絡ください。折り返しプレスキットをお送りします。
尚、安全管理を強化する一環として、実験エリアへの立ち入りを、極力、打上げに必要な人員のみに制限し、一般見学の受入れを行わないことになりました。ご理解頂けますようお願い致します。

詳細はこちら(PDFファイル)をご参照ください。
 NPO法人 北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)
 〒001-0010 札幌市北区北10条西4丁目 赤いマンション北大前 301号室
 TEL / 011-398-5505   FAX / 011-398-5506   E-mail: office@hastic.jp
 Copyright (C) 2003-2007 Hokkaido Aerospace Science and Technology Incubation Center.