HASTIC 北海道宇宙科学技術創成センター

English version is here      ★last update 2011.8.11  
HASTICについて
HASTIC NEWS
HASTICセミナー
HASTIC入会案内
LINK
CAMUIロケット
超小型衛星
宇宙環境利用
宇宙医学
小型無人超音速機
 お問い合わせ  お問い合わせ
100,000 +
HASTIC TOP NEWS
バックナンバー
HASTIC TOP NEWS  (2011.8.11)
打上げ・海上回収実験の成功を正式報告
CAMUI型ロケット/SNS社製「なつまつり」
 平成23年7月23日(土)、北海道大樹町において、CAMUI型ハイブリッドロケットの打上げ実験を予定通り実施しました。従来から打上げ実績のあるCAMUI-90型ロケットにより、超音速飛行規模の打上げ実験に必要となる、無線によるデータ取得、二段階パラシュートによる着水、フロートによる海面上保持、ビーコンによる探索等の海上回収技術が確認されました。同日に打上げを実施したSNS社製液体ロケット「なつまつり」についても同様に良好な結果が得られました。回収作業にご協力頂いた、エゾバイ部会を始めとする大樹町漁業協同組合の皆様、および大樹町役場の皆様には、休日の早朝から実施した打上げ当日を始めとして、準備段階から多大なご協力を頂きました。心よりお礼申し上げます。

▼詳細はこちらをご参照ください。



 CAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケットおよび
SNS社開発小型液体ロケット打上げ実験
 (2011.7.19)

 NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)は、7月23日(土)に北海道大樹町においてCAMUI-90Pロケットの打上げ・海上回収実験を実施します。これまで2007年にもCAMUI−250型ロケットにより海上回収を試みましたが、回収に失敗しております。それ以来、海上回収の実験は実施しておりませんが、今後のロケットの大型化とそれに伴う海上回収技術を実用レベルにもっていくために、従来から打上げ実績のあるCAMUI-90型ロケットにより、海上回収実験を実施するものであります。これにより、超音速飛行規模の打上げ実験に必要となる無線によるデータ取得、二段階パラシュートによる着水、フロートによる海面上保持、ビーコンによる探索等の海上回収技術を確立するものです。同時にSNS社開発の小型液体ロケットの打上げも実{いたします。
 今回は射点の配置から安全管理が困難なため、一般見学の受入は予定していません。取材を希望される場合は7月21日(木)午後2時までにHASTIC事務局あてメールでご連絡ください

▼詳細はこちらをご参照ください。


 NPO法人 北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)
 〒001-0010 札幌市北区北10条西4丁目 赤いマンション北大前 301号室
 TEL / 011-398-5505   FAX / 011-398-5506   E-mail: office@hastic.jp
 Copyright (C) 2003-2007 Hokkaido Aerospace Science and Technology Incubation Center.