HASTIC 北海道宇宙科学技術創成センター

★last update 2008.2.25  
HASTICについて
HASTIC NEWS
HASTICセミナー
HASTIC入会案内
LINK
CAMUIロケット
超小型衛星
宇宙環境利用
宇宙医学
小型無人超音速機
 お問い合わせ  お問い合わせ
HASTIC TOP NEWS
バックナンバー


HASTIC TOP NEWS  (2008.2.25)
HASTIC設立5周年を迎えて

北海道知事 高 橋 はるみ

特定非営利活動法人 北海道宇宙科学技術創成センターが設立5周年を迎えられましたことを誠に喜ばしく思うとともに、秋葉理事長をはじめ関係者の皆様の熱意、ご尽力に敬意を称します。 

 本道が航空宇宙産業基地構想に携わり20余年が経過する中で、本道における宇宙開発は、HASTIC設立以降、産学官の連携を柱としながら、北海道初の小型人工衛星やCAMUI型ハイブリットロケットの打ち上げ、さらには、アメリカの宇宙ベンチャー企業との業務提携の締結など着実にその成果が現れてきており、今後ともHASTICの果たす役割はますます大きくなるものと考えております。 

 昨年10月、赤平市において、CAMUI型ハイブリットロケットのエンジン燃焼実験を拝見した際、ロケットの開発・製作に携わるスタッフの方々とお会いしましたが、皆さんのロケット開発にかける想いと情熱、そして、そのチャレンジ精神は、まさに明日の北海道づくりに欠かせないものであると感じました。

 いまの北海道には元気が必要です。今年は新たな総合計画である「ほっかいどう未来創造プラン」がスタートする年であり、「地域の元気づくり」、「環境と調和する社会」、「真に持続可能な行財政構造の確立」の3つをテーマとして道政に取り組み、北海道を夢と希望が持てるより豊かな地域として、次の世代にしっかりと引き継いでいきたいと考えております。

  宇宙開発には「夢」があります。本道の宇宙開発は始まったばかりですが、次代の北海道を担う子どもたちが本道発のロケットに乗って、宇宙へ行くことが可能になるのもそう遠い話ではないかもしれません。子どもたちが宇宙への夢を描き、その夢を実現するためには、皆さんの応援が必要です。「子どもたちが夢を信じることができる未来を提供する社会」の創造に向けて、より一層のお力添えをお願いいたすとともに、HASTICが秋葉理事長を先頭に今後ともご活躍されますことをお祈り申し上げて、私のお祝いの言葉とさせていただきます。

 

 公立はこだて大学製作のCanSatを搭載した
CAMUI型ハイブリッドロケット分離不具合に関する
報告書を公開しました
  # 詳細資料も合わせてご参照ください。

12/8(土)早朝に実施されたCAMUI-90Pハイブリッドロケットの打上げ実験は、分離装置の不具合により搭載物の放出およびパラシュートの開傘に失敗し、機体は指令所として使用していたテントに落下しました。幸い、けが人はいませんでした。続く2、3号機にも同じ分離装置が使用されていたことから、打上げを中止致しました。同機には、公立はこだて未来大学の学生が製作した飲料缶サイズの超小型模擬衛星(CanSat)が搭載され、高度1 kmで放出後にパラフォイルによる自律滑空および通信等の実験を行う予定でした。学生各位の実験機会を奪う結果となってしまったことに対し、心よりお詫び申し上げますと共に、ご支援頂いています関係各位には、ご心配をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。
 この度、分離不具合の原因がほぼ明らかになりましたので、今後の対策と合わせて資料を公開致します。先に掲載の「詳細資料」と合わせてご参照ください

 ▼詳細資料を公開しましたこちら(PDFファイル)からご覧ください。(12/20)
 ▼分離不具合に関する報告を公開しましたこちら(PDFファイル)からご覧ください。(12/28)

 

  ロケットプレーングローバル社XP機による
  宇宙実験コンテストテーマ募集
  _募集期間が延期されました!
 (2007.11.22)

 HASTICは、北海道新聞社と協力して、提携関係にある米国ベンチャー企業ロケットプレーングローバル社の宇宙往還機XPを用いた宇宙実験コンテストを実施いたします。北海道内の小学生から大学生までの個人またはグループ(道内在住者が1人以上含まれていること)が対象です。小中学生の部、高校生の部、大学・高専の部、の3部門を募集します。

 11月上旬が募集締切でしたが、XP機の完成が遅れ、実験実施時期が2010年前半の見込みとなったことに伴い、本テーマ募集を2008年3月まで延期します。XP機は、高度100km程度の宇宙まで上昇し、約3分間の無重力環境を実現することができます。本コンテストで最優秀に選ばれたテーマには、米国におけるXP機での実験機会が与えられます。応募締切りは2008年 3月31日です。

 ▼詳細・申込書はこちらをご覧ください。

 NPO法人 北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)
 〒001-0010 札幌市北区北10条西4丁目 赤いマンション北大前 301号室
 TEL / 011-398-5505   FAX / 011-398-5506   E-mail: office@hastic.jp
 Copyright (C) 2003-2007 Hokkaido Aerospace Science and Technology Incubation Center.